むくみとサプリと足と顔davidbalmerオフィシャル

この画面は、簡易表示です

2017 / 7月

普段から気を付けているちょっとしたことについて

現在私は20代半ばの社会人です。

自分の体型はそこまで太っているということはないのですが、常に今以上に体重を増やさないように小さなことから気を付けています。

まず食事の面ですが、夕食に関しては白米等の炭水化物を抜くということです。その為、おかずだけを食べるということになります。

良く食べるのは、卵類・鶏肉(むね・ささみ)です。これは、なぜかというと、まず糖質制限することについて説明します。

毎食糖質を抜いてしますとカロリーが十分摂取できずに、仕事だったり生活に支障をきたしてしまいます。しかし、夕食に関して言えば、夕食後は寝るのみとなるわけです。

その為、エネルギーのメインとなる糖質を取らなくても体にはそこまで問題はないと思っています。

しかし、その時に野菜だけなどにしてしまい、タンパク質を摂取できないと筋肉量が落ちてしまうことにつながります。これはすなわち、代謝の低下を意味し太りやすく、痩せにくいカラダになるということです。

しかも自分自身、朝・昼とパンやおにぎり、カップ麺を食べることが多く、日中ではタンパク質をあまり摂取できていないと自覚しています。

だからこそ、夕食に集中してタンパク質を摂取しています。そして、寝る前にいつも行っている腹筋・腕立て伏せを行います。

その為か、この習慣を始めてからあまり体重が増えることなく安定しています。

しかも、周りの友人からは少し顔が痩せた?と言われることがあります。

夕食の1回だけ炭水化物を抜くだけなので、意外に続けることが出来るのも大きなメリットと感じています。

ただ、社会人にもなると飲みに出かけることもあるので、そういう時は気にせず食べたいものを食べるようにはします。しかし、お腹いっぱいには食べないようには気を付けます。

あと運動の面ですが、普段から階段をつかったり、姿勢を正して歩くや歩幅を広く歩くようにしています。

30代になると1年に1%筋肉量が低下するようで、80代になると30代の50%程の筋肉量になってしまうようです。

これを食い止めるのも目的で、普段から足を動かしています。

あと、姿勢を気を付けるや歩幅を広くとるのは同じ運動ならこういうことも意識した方が、消費カロリーが増えるからです。

段々と、歳を重ねるにつれて周りの友人達はだらしない体型になっていっているのが現状です。

しかしそれは誇るべきことではなく、非常にかっこ悪いと思います。

その為にこういう小さいことから継続できることを行っています。




top