むくみとサプリと足と顔davidbalmerオフィシャル

この画面は、簡易表示です

2017 / 6月

ダイエットをしながら思い出す発展途上国の子供達の事

ダイエットは昔から、女性の間で美容と健康の面から考えても、肥満の範囲内の体重が有る人は注意が必要です。

肥満は百害あって一利なしと言われる様に、身体に大きな負担が掛かります。

そんな私も20代の頃は幾ら食べても太らなかったのに、30代になってから少量食べただけでも太る様になって来ました。

歳を重ねる事は、人生に深い歴史を刻んで行く事でもあるのですが、何歳になっても体重は、出来れば幾ら食べても太り難い身体で有って欲しいと願うのは女性達にとって共通の悩みであり、願いでもあると思います。

さて、そんな太り気味の私が先ず実践している事はジョギングです。近所のスーパーに行く時も、早足か軽くジョギングする様にしています。そのきっかけは、スーパーから徒歩15分の距離に住んで居る知人がこのスーパー迄、何と自家用車で来ている事を知ったからです。

「車の方が直ぐに着くし、大量にまとめ買いしても荷物を車で家迄運べるから一石二鳥よ。」と彼女は豪語したのです。

確かに早く到着して、大量の荷物を一遍に運ぶ事が出来て良いのかも知れません。しかし、知人は重大な自身の体型に気付いていないのです。

私が見る限り、かなりの肥満体型で「これでは、若い今は良くても将来色々な病気を必ず発症するだろうな。」と思ってしまうのです。

私の近くに、特に気になる体型の人が居たので、太って来た時点で「痩せよう!」と早期に決断出来て、彼女には感謝しています。

しかし、女性は男性に比べてみても甘い物が好きなのだと思います。

先日入った喫茶店では、店の大半が女性客で埋め尽くされていました。

中には、中年のご夫婦も居られましたが殆どが、20代から70代位迄の幅広い年齢層の女性達ばかりでしたので、お店全体が女子会で盛り上がって居る様な雰囲気でした。

アイスクリーム、ケーキ、パフェ、ジュース等を中心に、スイーツを幸せそうに口へと運ぶ皆さんは、標準体型から肥満体型の人が殆どでした。

私もシャーベットを食べながら「明日からまたジョギングに精を出そう。」と、決めました。

ジョギングを始めてから、1kgは痩せました。たった1kgでも、痩せた事に変わりはないので嬉しいです。

好きなポテトチップスを暫く断ったのと、ジョギングが功を奏したと言えるでしょう。

発展途上国で、満足に毎日食事が出来ないでいる子供達の事もダイエットをしながら同時に思い出しました。

日本を含む先進国は、食糧をもっと彼等に届けるべきだと。




top